最新記事一覧

アクリル板の難点を払拭

女性

ガラス並みの透過性

軽くて加工がしやすく割れにくいことが人気でアクリル板は今までガラスが使われていたところを置き換えて使われるようになってきました。しかし、アクリル板はガラスに比べると透明感がなく傷が付きやすく厚さが均一でないデメリットもありました。アクリル精密薄板のクラレックスはアクリル板のデメリットを解決した原料として注目されています。クラレックスは高い分子量を有する高精度キャスト製法によって作られているため、アクリル板のデメリットであった厚さが不均一なこともなく、ガラス並みの平滑性を誇っています。またクラレックスは複雑な屈折をすることがなく、透過性の高さを誇っているため、ガラス並みの透明感があることから高級感が備わっています。それでいてアクリル板の良さの加工しやすいメリットもあるため、車や飛行機などの模型の窓ガラスや看板などのガラス部分にクラレックスを利用すると高い再現性を得られます。クラレックスをノングレア加工をすることによって、パソコンやタブレットの液晶画面の保護カバーとして優れた特性を示します。クラレックスの透過性の良さから光の拡散に優れ歪みが少なく、ノングレア加工によって表面のギラつきや背面にある証明の写り込みを少なくすることができ、見やすくするだけでなく、目にも優しいと評判です。市販されているフィルムと比べて、耐久性が高いこともディスプレイカバーに利用するメリットのひとつとしてあげられます。