最新記事一覧

活躍の場が拡大

男女

より薄い製品があります

ガラスと同等の透明感があり、建築模型でガラスの代わりに使われていたり、エレクトロニクス産業や自動車産業でも高い信頼を得ているクラレックスは、他のアクリル板にはない製品ラインナップがあります。アクリル板は厚さに均一性がないことがデメリットのひとつとしてありますが、クラレックスは特別な高分子製法によって均一な厚さで製造することができます。そのため、他のアクリル板では不可能な薄い厚みの製品が提供されています。一般のアクリル板が厚さ3mmから5mmなのに対して、クラレックスは0.2mmから販売されています。この薄さから従来のアクリル板では対応が難しかった模型のガラスや看板部分に使われたり、モニター前面の保護板に使われたり、産業界でも各種光学フィルターやセンサーフィルターに使われています。クラレックスはノングレア製品があることも特徴です。液晶表示部のカバーとして利用するとディスプレイのコンストラストが向上し、ギラつきや外光反射を抑えることができます。よくある保護番はコーティングをしてあるのですが、クラレックスはノングレア加工なので高い耐久性を誇っています。ポスターのカバーとして利用することによって写り込みを抑えるとともに色あせを低減することもできます。クラレックスは赤外線のある波長だけをカットする板や、乳半色の板で光を拡散できる拡散板もあり、ガラスよりも加工しやすいアクリル板を薄くすることによって更に加工がしやすくして、利用できる用途や場所を拡大しています。